肺機能検査ってなに?

「肺の機能を調べますね~」と言われて、いきなりマウス

ピースをくわさせられて、耳元で「吸って!吐いて!」と

大声で言われたこと。ありませんか?

肺機能検査はその名の通り、「肺」の検査です。

VC、FVC、DLco、日本語にすると、肺活量、

努力性肺活量、肺拡散能。色んな種類がありますが、これは

専門家が知っていれば良い事です。患者さんが知っておくと

良いことは、肺機能検査はどの検査も

「患者さんに全力で協力してもらわないと正しい結果がでない」検査

ということです。

全力でしてもらわないといけないから、検査担当者は耳元で

大声をだすのです。

しかも健診の項目でもあるから、ひとりひとりに時間をかけ

て検査していたら患者待ち時間を増やしてしまうというジレ

ンマを抱えているからゆっくり説明もできない苦痛。

それを検査技師は抱えているのです。

どうして全力じゃないといけないのか。

その1 心電図 でみた心臓と違って、呼吸は自力で強くし

たり弱くしたりできますよね?

強いときの呼吸じゃないと本当の肺の能力を知ることができ

ず、弱いまま結果をだせば間違った診断につながる恐れがあ

ります。

健診などでは、健康な方が対象なのですんなりと検査ができ

ますが、病院では息が苦しいと来院している方に、この苦し

い検査がオーダーされます。

そんな患者に「はい、大きく吸って~、まだできる!もっ

と!」というのはとても酷なことです。

しかし、それを乗り越えなければ正しく診断し、その症状を

とるための治療をしてもらえないのです。

私達、検査技師も患者さんのつらさを想像しながら検査を

進めていきたいものです。

生理検査一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人=ハットラボ(ハットリ)

臨床検査技師、超音波検査士(消化器)、血管診療技師、認定認知症領域検査技師

ブログを3個運営しているブロガーでもある。

 

【note公開中】

ブログでは書いていないようなことも書いています。

是非チェックを!

【LINE公式アカウント】

ブログの最新記事作成情報などを配信します!

友達追加していただければ、検査で気になることなど相談に応じます!

友達追加をタップ!お願いします!