私のTwitter活用術!初心者向け情報も!

hattolabo
hattolabo

こんにちは、ハットラボです。

Twitterで良い出会いに恵まれました。

私のTwitter活用術を記事にします!

Twitterをはじめて

約1年前にTwitterを開始し、みなさんと同じく0人のフォロワーから始まりました。

いまでは700人のフォロワーさんと出会うことができました!

貴重な出会い

メドフィットのカネコさんやくまのこ検査技師塾さんとの出会いはとても大きかったです。

他にもTwitter上で現場でばりばり活躍されている臨床検査技師の仲間と出会うことができました。

どうやって出会うことができたのか。

運が良かったこともありますが、私は私なりのTwitter運用を試していました。

今回は、その触りだけお話しようと思います。

形を整えることが大事

Twitter上にはどうしても心無い発言をしたりするいわゆる捨て垢というものが存在します。

そのアカウントはたいていフォロワーさんは少なく、紹介文も適当であったりします。

まず私が取り組んだのはそういう捨て垢ではないと示すことです。

上の画像にもある通り、ヘッダーに凝った画像を使ってみたり、アイコンを自作したりしています。

プロフィール文も大事です。

先達のブロガーさんたちのプロフィール文を参考に試行錯誤しました。

ある程度フォロワーさんが必要

形式を整えてもフォロワーさんがいないと誰にもツイートをみてもらうことができません。

私はある作戦を使ってフォローしてもらいました。

作戦についてはnoteで語ることとしましょう。

次に得意分野のツイート

私は臨床検査技師でありブロガーでもあるため、臨床検査に関するツイートやブログの更新ツイートを1日に1ツイートはしていました。

するとその分野の方の目に留まり、プロフィール文などをみてフォローしてもらう機会が増えてきました。

フォローしてもらう中で大事な出会いが

フォローしてもらえれば私のツイートがその方のタイムラインにのります。

せっかくタイムラインにのるので、自分の考えや思想、ちょっとした出来事などを継続してツイートしていきます。

自分自身もその方をフォローして、そのツイートに刺激をもらったりするのです。

ある程度、いいねなどで顔見知りになったらリプライなどをしてみました。

そこで交流を深めることができた人があなたにとって大事な人です。

私は運よくたくさんの臨床検査技師仲間、ブログ仲間に恵まれました。

万垢を目指す必要はない

Twitter活用術となるとどうしても万垢を目指そうということになりがちです。

たしかに1万人にフォローされていれば発信が多くの人に届くでしょう。

しかし、実際に1万人に届いているわけではなく、その人の興味を持っていてよくツイートをみている一部の人にしか届いていないのです。

その一部がぎゅっと凝縮した届けたい人にさえ届けばTwitter活用術としては成功ではないでしょうか?

私は自分の活動に興味を持ってくれる人が少しでも増えればいいなと思い発信をしています。

少しでもみて興味を持ってくださったらありがたいなと思い、これからもTwitter活動を続けていきたいと思います。

Twitter初心者に向けたnote

この記事を書いた人=ハットラボ(ハットリ)

臨床検査技師、超音波検査士(消化器)、血管診療技師、認定認知症領域検査技師

ブログを3個運営しているブロガーでもある。

 

【note公開中】

ブログでは書いていないようなことも書いています。

是非チェックを!

【LINE公式アカウント】

ブログの最新記事作成情報などを配信します!

友達追加していただければ、検査で気になることなど相談に応じます!

友達追加をタップ!お願いします!