【チーム医療】他職種について考える

チーム医療って?

患者さんを中心に各職種が対等に連携して医療を進めていくもの。

でもチームメンバーの働き方で知らないことも多い

病院にはたくさんの職種があります。

  • 医師
  • 看護師
  • 臨床検査技師
  • 放射線技師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • ソーシャルワーカー
  • 医療事務
  • ・・・・あげればきりがありません。

それぞれがそれぞれのプロフェッショナルとして医療を進めていますが、お互いの職種がどんなことをしているのか把握しきれている人は少ないと思います。

私は開業医で看護師さんの働く姿を間近でみたこと、放射線技師さんのされていることの一部をするようになったことからこの2職種に対して感じたことを書いてみようと思います。

看護師

とても神経を使う仕事だと感じます。医師のしたいことを指示がある前に察知して用意しておいたり、患者さんの問診を上手にとったり、常に気配りをしながらも採血、点滴、簡易検査と多くの仕事を同時進行でされています。

複数人が複数の仕事にまたがって業務せざるを得ないため、それぞれでルールをつくって皆で間違いがおきないように工夫されています。

大病院では病棟勤務もあり、深夜帯だったり日勤だったりと人間のサーカディアンリズムにあわない勤務形態も多く、かなり身体を酷使して働かれています。

看護師さんとはどの職種も関わることが多いため、チーム医療の要ともいえる存在だと私は思っています。

放射線技師

臨床検査技師が検査全般を担当するのに対し、画像検査に特化した技能集団です。CT・レントゲンなどの放射線を使えるのは医師と放射線技師です。

MRIなど放射線を使わない画像検査も担当されています。

病院によってはエコー検査も放射線技師さんがされています。

実際にCTやレントゲンの検査の前準備を私は行うようになりましたが、これがまた難しいものでした。

患者さんの被曝量を考慮しつつも医師が診断するのに最適な画像をとるための設定、照射の位置決定など、こういうことをされているのかとやってみて感心しました。

実際にはもっと多くのことをされているのだと思います。

輪の中に入ってみてはじめてわかることも

開業医では看護師さんとともに働く機会が多く、想像以上に様々なことをしているということを実感することができました。

大病院では部門が離れるとなかなかその働き方まではみえてこないところがあります。

特に臨床検査技師は検査室にこもって仕事をしないといけないことが多く、他職種とかかわるのは委員会などでしかありません。

他の職種との交流会などがあってもどうしても自分たちの職でかたまりがちなところも目にします。

私は他の職種とかかわりやすいポジションでいられるのは幸せなことかもしれません。

臨床検査技師

この記事のさいごに私の職種である臨床検査技師について書きます。

臨床検査技師は検査の専門家ではありますが、全員が全員すべての検査に精通しているかと言われればそうではないこともあります。

それぞれの得意とする分野があります。

ざっとわけるだけでも

  • 生化学
  • 免疫
  • 血液
  • 一般(尿・体腔液など)
  • 微生物
  • 病理
  • 遺伝子
  • 輸血
  • 生理

と分けられます。ここでもしこれをみている検体検査メインの管理職の方がいたら注意してほしいのは生理はひとくくりにできないということです。

検体検査が上記のように細分化されるように、今で生理検査も細分化されます。

  • 生理検査一般(心電図、肺機能など)
  • 神経系(誘発筋電図、脳波など)
  • 血管系(血管エコー、血圧脈波など)
  • 消化器(腹部エコー)
  • 循環器(心エコー、負荷検査など)
  • ・・・病院によると思いますが診療科ごとに対応する生理検査があります。

これらの検査をすべて習熟するのには大きな負担と時間がかかります。

実は検査技師どうしでもお互いが何をしているか知らないこともある

自分の部門のことしかわからない検査技師もいます。

それはきっと仕方がないことです。それほど高度に専門化しているのだと思います。

プロフェッショナルとゼネラリストのところでも書きましたが、検査技師の管理職はゼネラリストを求める傾向にあります。

しかし、管理職自身が自分の得意とする部門の苦労や良さしか知らないことも多々あります。

やはり検査技師間でもよりお互いの部門の大変さや良さを伝達しあう機会を多く設ける必要があると私は思います。

あらゆる業種に言えること!

自分の職種の大変さばかりがどうしても頭に浮かんでしまうと思います。

生活の裏にはたくさんの、その生活を支える仕事をしている方がいます。

私自身も検査技師ばかりに目が行きがちですが、こうしてPCでブログを書けるのも、公開できることにも電気に携わる方やインターネット関連の方の仕事があってこそです。

時折、そういう方々に思いをはせる時間があっても良いなと思います。

それもチーム医療を考えるうえで大事なことかなと思います。

この記事を書いた人=ハットラボ(ハットリ)

臨床検査技師、超音波検査士(消化器)、血管診療技師、認定認知症領域検査技師

ブログを3個運営しているブロガーでもある。

 

【note公開中】

ブログでは書いていないようなことも書いています。

是非チェックを!

【LINE公式アカウント】

ブログの最新記事作成情報などを配信します!

友達追加していただければ、検査で気になることなど相談に応じます!

友達追加をタップ!お願いします!