医療職と報酬。個人の見解です。

hattolabo
hattolabo

こんにちは。ハットリです。
医療職の中でも臨床検査技師として働いています。
医療職の報酬について思うところを語ります。

医療職(臨床検査技師)の給与

私は複数の病院で働いてきましたが、給与規定があり、何年目は〇号給といった管理をされていることが多かったです。

一応の個人評価もありますが形式だけといったものでした。

これの何が問題なのか。

それは、仕事の負担が大小にかかわらない給与制度というところです。

資格を取り、他の技師よりも負担の大きい検査を担当していようが、年功序列で決まった給与しか出ないのです。

公務員とほぼ同じといってよいでしょう。

あまり仕事をしない人にとっては幸せかもしれません。

しかし、昨今の医療現場は専門性も高まり日々進歩しています。それに真摯に対応しようとすれば参考書の購入、資格試験の受験など費用がかかります。

ほとんどの現場で資格手当なんてものもなく、資格維持費は個人負担。

なら資格を取らなければ良いのですが、職場からは資格をとれと指示される。

それを医療職としての矜持ややりがいという言葉でなんとかしてきたのだろうと私は思います。

技術に見合った給与体制が望ましい

一般企業であれば成果をあげる社員には相応の報酬を用意するでしょう。

医療職ではなぜそうでないのか。

時間を対価にした勤務形態が最も職員を管理しやすいのはわかりますが、その時間単価をひとりひとりの資格所得状況や業務量などで調整することはできるはずです。

そうしないで今の現場を維持しているのは、医療職自身も経営者も医療を神聖なもの、お金などという俗にまみれたもののために働くなど言語同断などという意識があり、それをやりがいや患者のためと言う綺麗な言葉でごまかしてきたのではないでしょうか?

お金のことを言うのは守銭奴?

あなたは何のために働いていますか?

もちろん目標や目的がある人が多いでしょう。

しかし、お金のためである側面を無視していませんか?

お金がなければ現代社会、生きていけません。お金がなければせっかくとった資格も維持できません。

日本人、特に医療職は少々、お金に対して潔癖すぎるところがあるのではないでしょうか?

報酬は技術に責任を持つこと

お金のやりとりがあることで責任が発生するのです。

医療職であること自体に責任をもたせようとするのはいかがなものかと思います。

ドラマなどで医療職として綺麗な側面ばかりを大衆にみせ、医療職自身もそこに誇りを持つ。それはそれで素晴らしいことです。

しかし、責任となると話は別。組織は医療職なんだからなんとかしろ!ではなく、それ相応の対価を払っているのだからなんとかしろ!であるべきです。

患者のためという言葉の恐ろしさ

患者のために。一見して良い言葉のように聞こえますが、私はこの言葉を恐れています。

患者のためにといえば何でも許される。そんな世界が医療現場で繰り広げられるのです。

私が体験したことの1例

上司「ハットリ、毎朝早く来てこの業務をしなさい。患者のためになるんだから。」
ハットリ(時間外手当がつくのかな?)「わかりました!」

後日
ハットリ「そういえば毎朝の業務は時間外つけても大丈夫ですか?」
上司「なんで時間外がつくと思っているんだ!そういうつもりでやるならやらなくていい!患者のためにって言ってるだろう!そんな考えでよく医療職になれたな!」
その後、1か月上司から無視され続ける。

もちろん、私は業務を行う上で患者にとってより有益な検査をといつも思っています。

しかし、それと報酬は別問題です。患者にとって良い検査をすることと、低賃金だったりサービス残業をすることは違うのではないでしょうか?

昭和の時代から脱却しないと…

医療業界は雇用システムや運用が昭和の時代から変わっていないのではないでしょうか。

旧態依然とした運用を今までこうだった。今までこれで何とかなっていたで続けている。

きっと、今まで医療を支えてきてくださった方々はすごい献身をしてきたのだと思います。

しかし、時代は変わりました。医療もすさまじく進歩しています。

その負担に適切な報酬なしで耐えられるほどの聖人がどれだけいるのでしょうか?

残念ながら私は聖人ではありません。

私は時給1000円で一日に10数件のエコー検査をしていたとき、さすがに生活が苦しく、メンタルにも不調をきたしました。

医療職が存分に能力が発揮できる状態は、やりがいや献身で無理しているときではなく、生活に余裕があり、自身が評価されていると感じるときではないでしょうか?

医療職も働き方改革を

私はフリーランスとして働いています。

臨床検査技師の世界ではまだまだ少数派です。

フリーランスであることで、自身を評価してくれる職場でそれに見合った報酬で働くことができています。

巷の多くの職業ではフリーランスを聞きますし、自身の成果に対して報酬が用意されるような働き方にシフトしているように感じます。

医療職は給与に関して大きな改革がなされないまま、行う業務ばかり膨大になっていったように感じます。

技術や業務負担にみあった対価を。そのような働き方をしていけるようにと私は考えています。

とはいえ

雇われる側の考えをまとめると上記のようになりますが、私も個人事業「主」となったので雇う側として考えてみると、とても難しい問題であることに間違いはないのです。

組織を変えるのはとても難しい。ひとりひとり評価?誰がするんだ?マンパワーが足りない。そんな時間も経費もない。その経費があるなら経営にまわしたい。

色んな問題やしがらみがあるはずです。

もっと医療機関に資金があればと思います。

かといって医療を商売としてしまうと、似非医療がはびこる元となってしまいます。

巷でよくみる似非医療の書籍のように。

「がんは○○で必ず治る!」「なおしたければ医者に行くな!」こういった類の本はほぼ有害だと私は考えています。

医療の世界に「必ず」はありません。容易に絶対をうたう医療者は信用ならないと考えます。

しかし「必ず」といった方が患者は安心しますし、そういう医者に通いたくなるものです。商売を重視すると苦しむ患者が増える未来が訪れます。

医療というものの立ち位置を考えていかなければならないと私は考えます。

この記事を書いた人=ハットラボ(ハットリ)

臨床検査技師、超音波検査士(消化器)、血管診療技師、認定認知症領域検査技師

ブログを3個運営しているブロガーでもある。

 

【note公開中】

ブログでは書いていないようなことも書いています。

是非チェックを!

【LINE公式アカウント】

ブログの最新記事作成情報などを配信します!

友達追加していただければ、検査で気になることなど相談に応じます!

友達追加をタップ!お願いします!