僕のヒーローアカデミアの件

今、話題になっているキャラクターの名前の件についてオタクとして触れてみることにした。

キャラクターの名前をこのような形で変えさせられるというのは作者にとってとても悲しい出来事だったと思う。

名前も創作の一部、今後のストーリーなどと絡めて大事に大事に命名したことだろう。それをこじつけのような理由で変えろというのだ。

自分だったらこのような糾弾をうけて耐えられる自信はない。作者の堀越先生はすごいと思う。

今回など、最も批判している国には本来読めないはずのストーリーであった。

日本のルールをやぶってみておいて批判とは、いったいどういうことか。

その正当性を声高に叫べない世界。とても悲しいものだと思う。

今はこの素晴らしい作品である「僕のヒーローアカデミア」さえも今後のストーリーで件のキャラクターがどうなるかまで見守ることなく過剰に批判する姿はとても怖いものだと思う。もしかするとその名前であったことで主人公との関係性がより鮮明に描かれたのかもしれない。

何かを想起させるという批判だけど、想起するのは勝手だけどそういう意味でつけてないと言っているのに批判するのはどうかと思う。そんなことを言ったらこの世界にまったく批判されない名前なんてなくなってしまう。

創作物に寛容であって欲しいし、その国向けに作ってないんだから気に入らないなら違法な手段を使ってまでみないで欲しいと感じる事件だった。

この事件で「僕のヒーローアカデミア」に負の部分があると何も知らない人に思われるのはとても悲しい。この作品はまっとうに少年漫画であり、政治的な何かや差別的な何かをはらんではいない。むしろ差別じゃなくて個性を大事に、その中でも無個性だった者に着目したすごい作品。

こんなことで埋もれて欲しくないことを綴っておく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人=ハットラボ(ハットリ)

臨床検査技師、超音波検査士(消化器)、血管診療技師、認定認知症領域検査技師

ブログを3個運営しているブロガーでもある。

 

【note公開中】

ブログでは書いていないようなことも書いています。

是非チェックを!

【LINE公式アカウント】

ブログの最新記事作成情報などを配信します!

友達追加していただければ、検査で気になることなど相談に応じます!

友達追加をタップ!お願いします!