【PCR検査で話題に】臨床検査技師の実態

私も山陰で働くひとりの臨床検査技師。

PCR検査が話題になったことで少しだけ知られるようになった臨床検査技師について書いてみようと思います。

  • 臨床検査技師という職業のすごさ
  • 実はとても大変で重要な仕事を担っている

ということを知ってもらえたらと思います。後半は検査技師や検査技師を目指す人に向けたメッセージも書いておきます。

臨床検査技師とは

その名の通り、主に臨床の現場(病院など)で検査業務を担当する技師です。

検体(血液・尿など)を分析して診断や治療に必要な情報を提供します。

昨今は業務の幅が広がり、化学・免疫・輸血・血液・一般・病理・微生物・遺伝子・生理検査など多岐にわたる部門があります。

PCR検査は遺伝子や微生物部門が担当するかと思います。

私は生理検査(心電図・肺機能・エコーなど患者さんに接する検査)専門です。

検査の重要性

病院に行ったとき、状態によっては採血や検尿をすると思います。

身体所見(顔色やむくみなど)や問診ではわからない情報を提供します。

肝臓が悪いとか腎臓が悪いなどの内臓の情報、炎症がおきていることや貧血などもすべて検査によってわかります。

生理検査ではさらに、どの内臓が炎症を起こしているのか、内臓に悪いものができていないかなども検査します。

それらの情報をもとに医師が診断し治療を行うのです。

現代の医療は検査がなければ成り立たないといっても過言ではありません。

医療職も知らない検査の大変さ

医師は専門性に特化しつつある現代、都会の病院では検査技師も特化しているところもありましょうが私の住む山陰では違いました。

ひとりの検査技師がほとんどの検査を把握している必要があり、医師や看護師などの医療職も検査技師なら当然すべての検査ができると思っています。

しかし、それはとても大変なことです。

なぜならその分野が広すぎるのです。先述した部門わけ以外に、診療科(消化器・循環器・耳鼻科・・・など)ごとに異なる疾患を把握し、検査データと向き合い続ける必要があります。

検体検査では一日に何百件と、生理検査では数十の症例と。

検査データだけだせば良いのであれば自動化が進んでいるので誰でもできるかもしれません。しかし、そのデータが信頼できるものかどうか判断し場合によっては医師に進言できるのは臨床検査技師だけです。

検査技師だから当然、すべての検査を~。これを医師に置き換えると医師だからすべての診断を~となります。看護師なら、すべての診療科の~でしょうか。理想ではありますが現実として困難です。

医師でも今は専門の診療科に紹介しあう時代、検査技師は部門間での連携が求められます。

それほど大変だけど重要な仕事をしているのが臨床検査技師です。

以下には検査技師の問題点をつづっていこうと思います。

検査技師の問題点

①部門間の連携がおろそか。

②検査技師の能力の個人差

③職業の重要性のアピール不足=報酬の低さ

の3点は私の経験上、大きな問題だと思います。

①部門間の連携がおろそか

私が経験した職場のほとんどは特に検体検査と生理検査の連携がおろそかでした。それぞれの検査の性質が違いすぎていてお互いがお互いのことを理解できていないと感じます。

検体検査も生理検査も経験したことのある技師長が在職中のときはまだ良い方でしたが、検体検査しか知らない技師長の場合、生理検査を軽視する傾向にありました。

新人教育などを検体検査と同じ期間で可能と考えていつつ、方針が現場に丸投げし、できていなかったら怒る。自身はまったく教育しない、助言もない、体制も作らない、幹部でしっかりとした相談もしない、そんな技師長もいました。

検体検査は日当直で行うため、生理検査部門担当はある程度、検体の知識がありますが、逆は少なく、検体検査担当は生理検査がまったくできないということも往々にしてあります。それでお互いへの不満がつのることがあります。

どうしてそういう技師長がうまれるのか、そういう事態になるのかやはり連携不足やお互いを知ろうという努力の欠如としか考えられません。

②検査技師の能力の個人差

これはどんな職業でもあることだと思います。

頻繁に研修会や学会に行き、知識をたくわえる人もいればまったく参加しない人もいます。

これが現場でどういう事態をうむか。

検査技師の給与は一般の会社と違って公務員に近い形です。頑張って何件もの検査をこなした人とのんびり数件しかしなかった人、給与に変わりがありません。

これがやる気の減退や不平等感を募らせる原因にもなっています。また、そもそもの給与が低いことで、学会などへの参加を渋ることもあります。

どうして先述したように重要な仕事をしているのに給与が低いのか。

③職業の重要性のアピール不足

検査技師という職業の歴史は、医師や看護師とくらべてとても浅いものです。

そのためか医師や看護師、事務職などからもその重要性が軽く見積もられている面があります。検査技師という職業ではなく一部の技師が一部の医師に評価されていることはありますが。

また、職業の存在や内容すら医療職にも浸透していないこともあります。

検査技師の在り方をみてみた結果、やや臨床へのアピールが不足している面が否めなません。

検査結果をレポートやカルテへの結果送信で終わらせて、臨床とのコミュニケーションが不十分になりがちと感じます。

また、院内で検査技師主導の研修会を開いたり、学会で活躍していることを広報したりが足りないです。

コロナウイルスの影響、PCR専門施設

医師会の主導でPCR専門施設の整備が進められようとしています。

技術をもった検査技師が必要となることでしょう。

検体(患者から採取したもの)をあつかうため、感染リスクも高い現場で頑張る臨床検査技師。

今はそんなこと言っている場合かと怒られそうではありますが、われわれ臨床検査技師自身もわれわれの価値を見直し、そして現場のことをもっと世間に知ってもらう努力が必要かと思います。

残念ながらわたしはPCR検査を行うような病院に勤務していません。

現場の声をSNSやインターネット、メディアを利用して伝えることも必要だと思います。

この記事を書いた人=ハットラボ(ハットリ)

臨床検査技師、超音波検査士(消化器)、血管診療技師、認定認知症領域検査技師

ブログを3個運営しているブロガーでもある。

 

【note公開中】

ブログでは書いていないようなことも書いています。

是非チェックを!

【LINE公式アカウント】

ブログの最新記事作成情報などを配信します!

友達追加していただければ、検査で気になることなど相談に応じます!

友達追加をタップ!お願いします!