臨床検査技師による新型コロナウイルスのワクチン接種担い手への動き(鳥取県)

hattolabo
hattolabo

こんにちは、ハットラボです。

鳥取県で臨床検査技師をしております。

臨床検査技師がワクチン接種が可能となる動きについての記事です。

2021年7月11日 鳥取県で臨床検査技師のワクチン接種実技講習が開催されました

新型コロナウイルスの感染拡大がはじまり1年以上が過ぎました。

ワクチン接種が進み始め、臨床検査技師もワクチン接種の担い手になることが2021年5月31日、特例で承認されました。

NHK「ワクチン接種 救急救命士と臨床検査技師も特例で容認へ 厚労省」

群馬県では2021年6月20日にいち早く実技講習が開催されました。

鳥取県では2021年7月11日に実技講習が開催されました。

その様子がこちらの写真です。

「きんちゅうくん」という練習用器具を使った研修

この様子はニュースでも取り上げられました。

日テレ24「ワクチン打ち手確保へ 臨床検査技師が研修 鳥取県内2か所で106人が参加

2021年7月17日~8月1日にかけて愛知県でも臨床検査技師や救命救急士に研修が実施されるとのことです。

Yahooニュース「新型コロナワクチン接種の担い手に臨床検査技師や救命救急士活用へ 愛知県」

このようにして徐々に臨床検査技師がワクチン接種の担い手として貢献できるように活動が推進されています。

研修の実際

研修は座学と実技があります。

事前に日臨技の会員ページで座学研修を済ませる必要があります。

動画が数本アップロードされており、それぞれに確認試験があります。

実技までにこの確認試験をクリアしました。

実技では看護協会の方々の手厚い協力があってとても有意義な研修を受けることができました。

まずは座学のおさらい。そして「きんちゅうくん」を用いた実技に移行します。

複数の班に分かれて、約8人の技師にそれぞれ1人の看護協会の講師がついてくれました。

採血とは異なり、人体に薬液を注入する目的の針刺しとなります。

注意点も異なる部分があり、各受講生の気を付けるべきポイントを都度、看護師さんが指導してくれました。

過去の事例から、注入時にシリンジと針の接続がゆるむなどのトラブルがあったということで、その対処法なども細かく教えていただきました。

一時、椅子に座って接種者が移動することについて話題になっていましたが、これはとても理にかなった方法で必ず被接種者も接種者も座位で行う必要があります。

というのもワクチン接種時のトラブルとして起こり得るSIRVA「ワクチン接種に関連した肩関節障害」や腋窩神経障害、橈骨神経障害を防ぐために正しい接種部位を視認することはとても重要ですが、接種者が立位であると目線が変わり、至適部位よりやや上方に刺してしまう危険性があるためです。

このようなことも研修を通じてしっかりと指導していただけました。

都道府県による対応の違い

群馬県、鳥取県はすでに臨床検査技師を新型コロナウイルスに対するワクチンの集団接種における担い手として活躍させようとしています。

愛知県でももうすぐ研修がはじまります。

対して東京都などではまだそのような話が進んでいないと聞きます。

都道府県によって対応に大きく差があると臨床検査技師のコミュニティから情報を得ています。

どうしてこのように差がでるのか、日臨技のホームページには「新型コロナのワクチン接種に係る臨床検査技師の研修の説明会 Q&A 集」が掲載されています。

詳細は割愛しますが、各市町村によるところであるという文言があります。

会員の方はぜひ一度、内容をご確認ください。

今後はどんなワクチンをどんな場所でも臨床検査技師が打ってよいのか?

研修を終えれば勤務先の病院やクリニックでワクチン接種を行っても良いのでしょうか?

これはとても気になる問題だと思います。

これに関しては「不可」です。今回認められたのは「集団接種のみ」です。

日臨技の資料によると

ワクチン接種が法的に認められているのは、医師、看護師、准看護師となっている。そのことから、その他の医療関係職種がワクチンを接種した場合は、医師法第 17 条の違反となることから、「違法性の阻却」として、厚生労働省が定める「座学研修」、「実技研修」を受け、一定の条件下で臨床検査技師にワクチン接種が容認されたところである。この一定の条件下の一つとして、特
設会場での集団接種や医師、看護師等の確保が困難と判断された職域接種を行う医療機関(自治体からの委託を受けた)とされたところである。

と説明されています。

今後、私の考えなども含めてブログ記事にします。ぜひ今後ともハットラボをよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人=ハットラボ(ハットリ)

臨床検査技師、超音波検査士(消化器)、血管診療技師、認定認知症領域検査技師

ブログを3個運営しているブロガーでもある。

 

【note公開中】

ブログでは書いていないようなことも書いています。

是非チェックを!

【LINE公式アカウント】

ブログの最新記事作成情報などを配信します!

友達追加していただければ、検査で気になることなど相談に応じます!

友達追加をタップ!お願いします!