コロナ感染での休業は無給の記事を読んで

hattolabo
hattolabo

私も医療職のひとり。記事を読んで思うところがあったので考えをまとめてみました。

発端となった記事

東京女子医科大学のコロナ感染での休業は無給という記事です。

【独自】“コロナ感染での休業は無給” 東京女子医大の文書に波紋(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

記事の内容

「法人内の施設において、新型コロナウイルスに感染したりして休業するに当たり、その感染原因等が法人からの自粛要請に反した行為にある場合には、休業中の給与は無給とする」

「医療機関を持つ医科大学で勤務する職員は、本来健康な状態で労働を提供する必要があり、感染等を理由に休業することはいわば民法上の『債務不履行』に当たると解釈されます。よって、この場合には、休業期間中には給与を支給しないことが妥当である」

ということが語られています。

私の考え

病院がこのような文書を出したことに反感を覚えました。

コロナについての文章は今頑張っている職員に対して追い打ちをかけるようなものに感じます。

例えば、日用品の買い出しに出たり、たまの息抜きの外出だったりでさえ、そこでコロナに感染してしまえば病院側が自粛要請に反したと判断すれば無給にされてしまうのです。

より引き締めて対策をということかもしれませんがあまりに当該施設の職員がいたたまれません。

そしても一つの文章。これが最も私は悲しく思いました。

健康に働くのが当たり前。誰だって健康でありたいし、健康であるように心掛けている。それでも体調を崩したり、持病があったりするのが人間というもの。

医療職は聖人でも神でもない。人間である。

それにも関わらず、病欠を債務不履行と認識するのはいかがなものかと思う。

とはいえ、それが東京女子医科大学のやり方なのでしょう。

それで職員が守れるなら集まるならそれでいいでしょう。反感はあれど不適切だ!病休でも有給などで給与を出すべきだ!とは私は言いません。私は当該病院の職員でもなければ関係者でもないのですから。

しかし、このことが社会的に許容されて、他の病院も「そうか債務不履行だからいいのか」などとなってしまっては困ります。

医療職がどんどん生きづらい世の中になってしまいます。

だから私は記事にしました。

私は東京女子医科大学のやり方には反対です。職員を守るのも組織の勤めです。

でないと組織に属している意味がない。フリーランスだからこそ強くそれを感じます。

この記事を書いた人=ハットラボ(ハットリ)

臨床検査技師、超音波検査士(消化器)、血管診療技師、認定認知症領域検査技師

ブログを3個運営しているブロガーでもある。

 

【note公開中】

ブログでは書いていないようなことも書いています。

是非チェックを!

【LINE公式アカウント】

ブログの最新記事作成情報などを配信します!

友達追加していただければ、検査で気になることなど相談に応じます!

友達追加をタップ!お願いします!