本を読む時間

本ね~読みたいけど読む時間ないんだよね。

そういうこと、あると思います!
しかし、本を読まないのはもったいない!

今回は本を読む時間についての記事です

hattolabo
hattolabo

どうして本を読むのか

本といっても色々な種類がありますよね。

随筆、小説、マンガ、自己啓発本、参考書などなど

それぞれで得られるものは違いますが、目的は「何かを得たい」ということだと思います。

小説やマンガなら「楽しさ、物語に酔いしれる時間」

自己啓発本なら「人生を生きるヒント」

参考書なら「仕事や学業で役立つスキル」

みんな共通して「何かを得たい」から本を読むのです。

読まなきゃいけないというものでもない

もし、あなたがまったく本に興味がない方であればこの文章すら読んでないかもしれませんね。活字を読むこと自体が苦手であれば本以外の媒体から何かを得た方が効率的です。

しかし、興味があるのに「時間がないから」と「読まない選択」をするのはもったいない!

「時間がない」をどうやって克服するかをこれから綴りましょう。

寝る前の数分

日常生活をしていて、新たに「しっかり本を読む時間」を差し込んで生活するのはなかなか大変なものです。

家事もあればみたいテレビもあって、他にもいろいろなことですでに時間が埋まっているかと思います。

ではどうすれば良いのか。

  1. 寝る前の数分を本を読む時間と決めてしまう

のです。

寝る前、とくにやることがなくてなんとなく眠くなるまでスマホをぼんやり眺めてしまってはいませんか?

その時間を本を読む時間にしてみましょう。

活字の効果でちょっと眠くもなって丁度良いはず。

本を読んで人生を豊かに

昨今はSNSなど暇をつぶせるツールも増えて、本を読まなくなった人も多いことでしょう。

本にはその本を読んだものにしか気づけない人生を生きるヒントのようなものが隠されています。

自己啓発本で直接的にそのヒントを得るもよし、小説で物語の登場人物に憧れてみるもよし。

日常のちょっとした時間、寝る前という時間を本を読むことにあててみませんか?

この記事を書いた人=ハットラボ(ハットリ)

臨床検査技師、超音波検査士(消化器)、血管診療技師、認定認知症領域検査技師

ブログを3個運営しているブロガーでもある。

 

【note公開中】

ブログでは書いていないようなことも書いています。

是非チェックを!

【LINE公式アカウント】

ブログの最新記事作成情報などを配信します!

友達追加していただければ、検査で気になることなど相談に応じます!

友達追加をタップ!お願いします!